「学び手は常に正しい」

11月のバスターズサロン「上体が安定する」の有料版の冒頭。

森脇俊文トレーナーが深掘りトークをする新コーナー『モリトーク』で、

学び手は常に正しい

という言葉を紹介されました。

この『モリトーク』すでにファンがいらっしゃいます。

前号でもご紹介した参加者の声の中で触れていただいていました。

全文はこちら。

■視聴していかがでしたか?
ためになりすぎる

床が不安定だと足がバランス取るのを諦め、骨盤がバランス取り始める話
長岐先生の難しい話を森脇先生があえて素人目線から質問しながら視聴者にわかりやすく伝えて下さるところ)

モリトーーク好き

■その他
もっと時間長く聞いていたい。

リアルタイムで視聴できないことがほとんどなので、開催曜日、時間帯を、色々変えて欲しい

ババリーナ

以上

ババリーナさん、
ありがとうございます m(_ _)m

学び手は常に正しい

どういう意味でしょうか?

■実験開始
今、このメールを見ながら、
画面に向かって手を振ってみてください。

はい、どうぞ!





振っていただきましたか?

ありがとうございます m(_ _)m
■実験終了!

さて、どんな振り方をされたでしょうか?

たぶん人によって振り方がバラバラ。

それに対して、指示を出した側は

「こういう風に振ってもらいたかった」

と期待した振り方があったわけです。

それと違った振り方をした人に向かって

なんでこう振らなかったんですか?
 ( *`ω´)

と指摘されたら、当人は

イラっ(−_−;)

としますよね。

なぜなら

「生徒が間違った」

ことにされているから。

でも、
物は考えよう。

教師の指示が不完全だったから

と考えたら立場逆転です。

正しく伝わるように指示を出せなかった、と。

バレエのレッスンで聞きませんか?

1. 何でそうするの!?
2. 違うことやってる!
3. どこ見てたの!?
4. 何それ!?

みたいな声。

それが聞こえたら

教師の指示が不完全だった

と見ることもできるわけです。

さらに言い換えるとその教師は

「私はこんなに指示出しが不完全なんです!」

と声高に宣言していると言えなくもない。(^_-)-☆

森脇さんは、そんなことに気付かせてくれる学問として

行動分析学

を紹介されました。

そして、
そのバイブルとしてこちらの本を紹介されました。※

そこから先の深い話はアーカイブ動画に譲るとして、
ここからは当方の解釈となります。

興味ない方は、画面を閉じていただいて結構です。

そんなバレエ教師の指示の不完全性に目を向けつつ、

あなたが生徒さんなら、
そう置き換えて身(心)を守ってください。

あなたが先生なら、
そう置き換えて指示出ししてみてください。

きっと生徒さんの上達のスピードがグンと上がるはずです!

これも視点を変えると、
教師の指導力がグンと上がった、ことになります。

そもそも何で不完全な教師が多いかというと、理由は簡単。

教育機関が存在しないからです。

大学の教職課程では数学とか英語とか、教科の教え方だけを学ぶわけではありません。

教師たるに必要な周辺の科目も学びます。

・教育原理
・教育心理学
・教育方法論
・教育実習
など

硬そうでしょ!
でも、
広く学ばないといけないわけです。

これがないと教師として不十分だから。

これらは不要でOKと言うのは、
●●インストラクター養成講座などです。

でも、教師は違います。

大学などで必修教科にしないと修得しようがない。

だからワガノワ・バレエ・アカデミーなどでは3年間フルタイムでバレエ教師課程に通うわけです。

それを経ず「バレエ教師」を名乗ることは法律が許さない。

日本とはずいぶん違いますね。

だから、
上達を望む生徒さんは、
その辺の事情も汲みつつ
用心(準備)が必要。

どうやって?

はい、バスターズサロンでは、

・レッスンを受けるだけでは得られない
・筋トレ・ストレッチを頑張るだけでは得られない
・ネット上を徘徊しても得られない

バレエの上達に役立つ情報をお届けします。

バスターズサロン無料版は無料会員登録していただくと参加できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。