床が滑ったら上体がどうのこうのとか言っている場合じゃない!

11月のバスターズサロンの当日。

当方は

バスターズ講師の一人、

猪野さんがオープンしたバレエ教室を訪問させていただきました。

建物も新しいピカピカな教室だったのですが、何よりも素晴らしかったのが

床。

リノリウムが程よい感触で踊りやすそうでした。

この写真がその時撮影させていただいた写真となります。

猪野さんがその床にたどり着くまでには、
一苦労あったのですが、
そのストーリーについては別な機会に。

その夜開かれたバスターズサロンのテーマは

上体が安定する

に決まり、
足元から始まりさまざまな側面から話が飛び交いました。

無料版が終わり有料版に切り替わった冒頭で、猪野さんが

床が滑ったら上体がどうのこうのとか言っている場合じゃない!

と、
さらっと発言されたのですが、
それこそが有料版の最後に出てきた

足裏が踏ん張れない状況での反射

の表れとなります。

当日参加された方にとっては、
順番が前後しましたが

冒頭のこの一言が正に最後にご紹介した現象の一例だったようです

・滑る床
・足裏の踏ん張り
・バランス
・反射

これらのつながりに興味を持たれた方は、ぜひ有料版のアーカイブ動画をご覧ください。

解剖学書を千冊読んでも知り得ない、
それでいて現場に直結な内容となっています。

そして、
それを応用すると
ルルベ時にプロが行っているバランスの取り方の原理
が理解できます。

これについては、
今後解説させていただく機会があるかと思います。

・レッスンを学ぶだけでは得られない
・筋トレ・ストレッチを頑張るだけでは得られない
・ネット上を徘徊しても得られない

バレエの上達に役立つ情報をお届けします。
バスターズサロン無料版は無料会員登録していただくと参加できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。