大学でイカ足測定をしてきました

本日、イカ足測定に立ち会うために、某大学キャンパスにお邪魔させていただきました。

被験者は

 

この「イカ足美人(^_-)-☆」。

度々このブログなどでもご紹介しているバレエの生徒さんです。

 

まだ未成年なので、保護者の方も同席されて、みんなで実験装置などに興味津々な様子でした。

 

電極とマーカーを体のあちこちに貼り付け、ちょっとロボットのような姿に。

 

 

電極の他に、全身の骨格の動きをコンピューターで捉えられるようにマーカーを付けて、特殊なカメラの前でルルヴェに立ったり、パッセをしたり。

指定された動きを次々とこなしていきます。

 

傍らのパソコン画面には、バイオメカニクスではおなじみの映像が映し出されていました。

 

イカ足とは知らずに、踊りにくさや、足裏のタコ、足の痛みでお困りの方は、潜在的にかなりの数に上りそうです。

そのことを知らずに、上達しようと色々努力してきても、中々結果が得られない何て言うことになっているのかも知れません。

「自分のことかな?」

と思った方は、イカ足について、少し詳しくなると今抱えている問題の捉え方が変わるかも知れません。

 

イカ足については、こちらをご覧ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
バレエ上達ナビゲーター 長岐

 


『ピルエット二回転への道』メール講座のご登録はこちら

1件の返信

  1. 2017年11月25日

    […] ですが、イカ足について大学との共同研究を進める中で、また日々イカ足サポーターの微調整などで、これまでに色々なパターンのイカ足と向き合う中で、 […]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。