足型より●足●型の方が遥かに大事。誰も言わないけど

ピルエット二回転, 3か月マスタープログラム

憧れのピルエット二回転をマスターしよう

 

 

足の形を趾(あしゆび)の先端の長さで分類している図を見たことがありませんか?

・ギリシャ型
・エジプト型
・スクエア型

とか。

この分類で一番長い趾が

・靴に当たるとか
・トウシューズに当たるとかで、

「だから踊りにくくなる。」

そんな風に説明されることがあります。

ところが、これまで説明してきた内容を考えると、少なくともルルヴェに限って言うと、趾の長さは…

くどい^^;

「趾の長さは、どうでもいい!」

そう結論付けられます。

なぜなら、ルルヴェのとき体重を支えているのは

趾の先端ではなくて、中足骨の先端

だから。

その視点を持っていると、更に細かい分類

こういう図と出会うと、感心すると同時に、ルルヴェに関しては

「趾の長さは、どうでもいい!」

と思えてしまいます。

もし足型を分類するなら、

趾の先端で分類するのではなくて、
中足骨の先端で分類すべき。

少なくともルルヴェの安定性について考えるのではあれば、そうしなければ意味がない。

いままでどれほどこの見当違いが幅を利かせてきたのだろう。

いまもですが。。

知らないものは認識できない。

知っているものが強調される。

アドバイスする側もされる側も、とてももったいない時間を過ごしてきたことになります。

論文だったり、権威がありそうな人だったりが、こういう足型の図を使って説明していると、つい

「そうなんだ!」

と、感心してしまいがちだけど、時にはへそを曲げましょう。

ことルルヴェに関しては、

「趾の先端には体重がかかってないんですけど….」

という1点だけで、「おかしさ」に気づけます。

今後は、中足骨の長さに注目した

・イカ型
・タコ型
・コンニャク型

みたいな^^;

分類のほうが、実用性が高くなる気がしてならない。^^;


『ピルエット二回転への道』メール講座のご登録はこちら

1件の返信

  1. 2017年8月30日

    […] これままでに何名ものイカ足の方が、ピルエットの改善に成功しています(利用者の声)。 […]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。