fbpx

ジゼルは満月の夜だけ。シルフィードは?勝手に大人のバレエ・リテラシー・テスト!

・ジゼルは満月の夜だけ。シルフィードは?勝手に大人のバレエ・リテラシー・テスト!
・ワガノワ教師4名ともビザを取得できました
・ワガノワ公認バレエ教師コース開催(長野・東京)

・帰ってきたアンクルトレーナー養成講座

 

・ジゼルは満月の夜だけ。シルフィードは?勝手に大人のバレエ・リテラシー・テスト!

大人からバレエを始めた方が
バレエを観に行ったとき、

あらすじだったり、
時代背景だったり、

今ひとつ理解しきれない部分が
残ることはないでしょうか?

バレエに限りませんが、
あまり知らない作品を観た場合など、
特にその傾向が強くなると思います。

逆にめちゃくちゃ詳しくなると
振りの違いや、
演者によるニュアンスの違いなど
細かい部分の違いを見比べて楽しんだり。

たとえば、
ジゼルとシルフィードの役柄について、
次の問いに答えられるでしょうか?

シルフィードは「森の精」を演じる役ですが
『ジゼル』に出てくるウィリは
何を演じているのでしょうか?

主人公のジゼルも第二幕ではウィリになっています。

さて、このウィリは何の役かご存知でしょうか?

「簡単すぎる!」

というお叱りの声が聞こえてきそうですが、
答えに詰まる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

続けて、
現れる時間について。

ジゼルは満月の夜だけ登場しますが
シルフィードは?

この辺から怪しくなる人が増えてくるかも。

その答えが何か?
ということをお伝えしたいのではなくて、

こういうことを知らずに作品を観たとすると、

見逃してしまう情報がある
気づかずに通り過ぎてしまうことがある

ということです。

もし舞台上にウィリになったジゼルが居たとすると、
それは満月の夜の場面となります。

決して太陽の出ている昼間ではない。

でも、第1幕ならそれもOK。

また、
シルフィードは翼を失ってしまいますが、
その結果、
彼女の体にはどんな変化が起こるのでしょうか?

そのことを知らずにその場面を見たとしても、
翼を失ったシルフィードの心境を
察することはできないでしょう。

その結果、
微妙なニュアンスの違いを
見逃してしまうかも知れません。

と言う感じで、
知らなことがあると、
見逃すことがある。

知らないことが多いほど、
見逃すことが多くなる。

逆に言うと、
作品に詳しくなればなるほど、
楽しみが増すことになる。

もしかすると、
「何回も観ているうちに理解できるようになる。」

のようなアドバイスを聞くことがあるかも知れませんが、

19世紀ロマンティック・バレエ作品が描いたのは何と何の対立か?

といった問いの答えは
何回観ても理解できないかも知れません。

こういったバレエに関する知識や理解のことを
「バレエ・リテラシー」と呼ぶことにします。

このバレエ・リテラシーが高いほど
作品がより深く楽しめるし、
踊るときに変な踊りになりにくいはず。

そんな訳で(どんな訳だ?笑)
19世紀ロマン主義バレエの代表作
『ジゼル』と『シルフィード』
にまつわる問いを勝手に13題作ってみました。笑

素材にしたのは、
ときどきご紹介してきた

ボリショイ劇場の頂点を極めたニコライ・ツィスカリーゼがクラシック・バレエを語り尽くすプロバレエ(Pro-Ballet)

このシリーズの中から
Vol.02 『ラ・シルフィード』
です。

最近、
この動画が日本語チャンネルに公開されたので、
それを使ってみました。

答えはすべてその動画の中で語られています。

それでは、質問13題をどうぞ!

【初級】
1
■役柄
シルフィードは森の精
ウィリは?

2
■現れる時間
ジゼルは満月の夜だけ
シルフィードは?

3
■存在可能な時間の長さ
ウィリは6時間
シルフィードは?

4
■シルフィードの翼1
何という鳥の羽根か?

5
■シルフィードの翼2
その羽根は何の象徴か?

6
■三大バレエ・ブラン(白のバレエ)と呼ばれる作品は?
『ジゼル』
『ラ・シルフィード』
『?』

【中級】
7
■ジェームズとシルフィード、踊り始める順番1(「この逆はありえない」by ツィスカリーゼ校長)
第1幕はどちらが最初か?
またその理由は?

8
■ジェームズとシルフィード、踊り始める順番2
第2幕はどちらが最初か?
またその理由は?

9
■シルフィードが 卵が入った鳥の巣を手に取る場面が崖の上であるのは何を表しているのか?

10
■シルフィードの舞台では手前が崖端の草地、奥には山と渓谷が見えるようになっているのは何を表しているのか?

11
■シルフィードは翼を失うとどうなる?
a) 飛べなくなる
b) 人間になる
c) 失明する

【上級】
12
■19世紀ロマンティック・バレエ作品が描いたのは何と何の対立?
a) 妖精と人間
b) キリスト教と異教(オカルト)
c) 貴族と村人

13
■ロマンティック・バレエ作品では主人公が何を行うと罰せられる?

以上です。

全部答えられたら凄いです!

そして、
全部答えられたらバレエ鑑賞が
とても楽しいものになると思いませんか?

きっとその高いバレエ・リテラシーで楽しんでいる人がどこかにいるはず。

悔しいな!笑

答えが知りたい方は、
下記1つ目のボタン(動画の画面)を押して
答え合わせをなさってみてください。
↓↓↓


初心者クラスなのに複雑なコンビネーションが出てくる。

初心者クラスなのに上手な生徒さんが来ると突然難しくなる。

初心者クラスなのに初心者向けの説明が一切ない、などなど。

いずれも日本の大人バレエのレッスンでは普通になっている向きがあります。。

それでいい…わけないですね。

より良いバレエの学習環境を目指して現状を変えるには、大人の生徒さんがバレエに詳しくなってしまうのが一番です。

できれば、教師より (^_-)-☆

ここを押して、過去動画をご覧ください。


今回来日するワガノワ・バレエ・アカデミーの現役教師4名全員分のビザが無事に取得できました。

留学を希望している方、
本場のレッスンを受けてみたい方は、
この機会をお見逃しなく!

キャンプの詳細は、
ここを押してご覧ください。



急遽バレエ教師向けの講座が
開催されることになりました。

ワガノワ・バレエ教師再教育プログラムの
準備講座として最適です。

フルプログラム、
長野会場のみ、
東京会場のみ、
週末のみ

とご都合に合わせてお選びいただけます。

当スタジオの石島みどりが
プログラム・マネージャーを仰せつかりました。

教師講座に興味がある方は、
ここを押してご覧ください。



アンクルトレーナー養成講座が帰ってきました。

上記、教師講座に併設される形で開催します。

ロシアバレエ教授法の4年生以上の
複雑なコンビネーションなどの習得の助けになります。

興味がある方は、
ここを押してご覧ください。


・【新開発】ポアント用イカ足サポーター モニター募集予告

「トウシューズ用イカ足サポーター」のモニター募集の予告後、次々とモニター希望のメールを頂いております。m(_ _)m

それだけ切実な問題ということですね。

応募は近日中に一斉に開始させていただきます。

まだ案内予告をご覧でない方は、ここを押してご覧ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。