新発見!バレエシューズの新フィッテング項目

「イカ足」のことを調べたくて、バレエシューズをハサミで切ってみました。

結果的に、バレエシューズ購入時の新フィッテング項目を発見してしまいました。

ご一読いただくと、バレエシューズの買い方がこれまでと変わるかも知れません。

よろしければ、最後までお付き合いください。

 

ハサミで切ってみた!

市販の布バレエシューズを中足骨の先端が当たる辺りで

つま先側とかかと側の2つにハサミでバッサリ切ってみました。

 

断面を並べた写真がこちら。

 

底の厚みは4ミリも!

バレエシューズのソールは内側と外側にそれぞれに2ミリあった。

内側から見ると2ミリしかない。

外側から見ても2ミリしかない。

どちらも2ミリなら大したことないかと気にしていなかった。

だけど、内側と外側を重ねると4ミリもあって結構驚いた。

 

親指が乗ってないぞ!

さらに、切ったバレエシューズを履いてルルベに立ってみた。

すると親指(第一中足骨)がソールに乗っていないことを発見!

これだと親指側の踏ん張りが効かない。

結果、親指側にグラつく。

こうならない人もいるので、足とシューズの相性の問題です。

ということは、バレエシューズを買うときもこうならないようにフィッティングが必要です。

今まで、バレエシューズ選びというと、

  • サイズ
  • ソール(スプリットかフルか)
  • 素材(布か革か)

といったことをチェックして選んでいたと思います。

ですが、それだけだと情報が足りてなかったんです。(>_<)

知らずにこうなっていませんでしたか?

 

「仮性イカ足」かも?

このパターンになってしまうと見かけ上第一中足骨が短いことになる。

体重が床に伝わらないので。

これだと、中足骨三本の長さが揃っていて本来安定するはずの足が、見かけ上「イカ足」のようになってしまう。

これを「仮性イカ足」と名付けました。(^_^)v

 

素足ならルルベで安定するのに、
バレエシューズだとグラつく。

もしそうだとしたら、この「仮性イカ足」かも知れません。

 

素足ならルルベで安定するのに、バレエシューズではグラつくとしたら、

この「仮性イカ足」かも知れません。

 

バレエのレッスンでは、
トウシューズよりもバレエシューズを履いている時間のほうが長と思います。

バレエシューズがグラつきの原因になっていたら、上達もおぼつきませんね。

今後バレエシューズを買うときは、

第一中足骨がソールに乗っているかどうか?

もチェックしてみてください。

 

より詳しくはこちらをご覧ください。

↓↓↓

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。