筋肉の勤務態度をご存知ですか? 筋肉を太くしたくない方へのヒント

■筋トレのメカニズムとは別物
前回、筋トレをしたその場で筋力アップするのは超回復ではない、と書きました。

普通の筋トレは、

筋トレをして、

筋線維を太くして、

筋出力が上がる

と言う段階を経ます。

それに対して、別ルートの筋トレには

「筋線維を太くする」

が含まれません。

なので、

力は強くなるけど筋肉モリモリにはならない

ことになります。

■プロレスラーのほうが踊り上手?
そもそも、筋線維が太いほどバレエが上手に踊れるなら、

ボディビルダーやプロレスラーのほうが上手に踊れるはず。

でもきっと、そんなことはないですよね。

個人的に上手な人はいると思いますけど。

これは極端な例ですが、

踊りにくさを感じたとき、筋トレしてとにかく鍛えなきゃ!

と考えるのは、ちょっと方向性が違うんですね。

■男性との違い
男性の場合、女性をリフトするので太く鍛え上げられた筋肉が必要です。

高く跳ぶのも男性の見せ場ですから、跳躍に必要な筋肉もたくさんあったほうが良い。

でも、女性は違います。

できるだけ細く、それでいて必要な筋力を確保したい。

「ロシアの至宝」ロパートキナの引退が決まったそうです。

彼女にムキムキの筋肉がついているかというと、そんなことはなさそうですよね。^^;

女性は、男性がするような筋トレではなく、女性向けの筋トレをする必要があるわけです。

■筋肉の勤務態度
筋肉は線維の束でできています。

普通は、目的の筋肉に力を入れれば、その筋肉の線維がきちんと仕事(収縮)してくれるとイメージしていると思うんですが、

実は、そんなことはないんです。

サボっている線維が一定割合で含まれています。

普通はそのことに気づかずに、手足を動かしているわけです。

「それで私の筋力はこれくらい。」

と認識しています。

そこで、

つづく。

最後までお読みいただきありがとうございました。

バレエ上達ナビゲーター 長岐

 


『ピルエット二回転への道』メール講座のご登録はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。