ルルヴェとフルポアントでの床との接地面の違い

前回の宿題、

ピルエットで回っている時

軸足の床との接地面がどこか、

トウシューズとバレエシューズでの違いの見分けがついたでしょうか?

 

■トウシューズと床の接点

トウシューズの場合はプラットホームになりますね。

ただし、甲が十分に伸びないと、この写真のようにはプラットホーム全面が床につきません。その対策は別な機会に。

 

■バレエシューズと床の接点

バレエシューズの場合は、中足骨の先端となります。

この違いをしっかりと目に焼き付けていなかった方は、もう一度例の動画を見ておいてください。

で、中足骨の先端が凸凹だとバランスが取りにくくなるわけです。

このイメージを助けるこんな図を見つけました。

中足骨の先端の形状がルルヴェのバランスキープに影響するのがイメージできるでしょうか?

さて、床との接点の違いがわかったところで、ダンサーが立っている時、その接点で何をしているのでしょうか?

 

いちばん重要なのは、

体重を支える

です。

そして、ピルエットとは、片脚立ちでの回転動作ですから、回転が完了するまで、バランスを保ちながら体重を支え続けなければいけません。

 

軸脚でのバランスと体重のキープ

ですね。

 

ピルエット二回転の動作を完了するまで、これが出来ないとどうにもなりません。

なかなかマスターできないという方は、

スポットとか
引き上げとか
ではなくて

これが出来ていない可能性を疑ってみましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

バレエ上達ナビゲーター 長岐

 


『ピルエット二回転への道』メール講座のご登録はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。