バレエのジャンプと第●中足骨の太さ

ルルヴェで第二中足骨だけが床に当たってしまうと見た感じグラつきそうなわけですが、実はそれだけに留まりません。

●骨の太さ
今度は、「骨の太さ」に注目してみてください。

親指につながる第一中足骨とそれ以外を比べるとどうでしょうか?

第一中足骨が極端に太くてガッチリしています。

一方、第二〜第五中足骨はかなり細いですよね。

しかも中央がさらに細くくびれています。

とても華奢な感じ。

ちょっと間違うと折れてしまいそうに見えませんか?

●第二中足骨とジャンプ
もし、第二中足骨が第一と同じくらいの長さだったらどうでしょう。

体重を太くてガッチリした第一中足骨と第二中足骨で分担して立つことになります。

なので第二中足骨は、補助的な負担で済みます。

ところが、第二中足骨が最長だと、か細い第二中足骨で全体重を支えなければなりません。

これがしんどいのです。

たとえば、ジャンプする時。

最後まで床を踏み込んでいるのが第二中足骨ですね。

着地する時、真っ先に床に触れて衝撃をうけるのも第二中足骨ですね。

つまり、ジャンプで第二中足骨に最も負担がかかるのがお分かりいただけるかと思います。

では、第二中足骨が最長のダンサーが、頻繁にジャンプの練習をしていたらどうなるでしょう?

とても、辛く、痛く、時には危険な状態になってしまいます。

それについては、次回。

 

バレエ上達ナビゲーター 長岐

 


『ピルエット二回転への道』メール講座のご登録はこちら

1件の返信

  1. 2017年12月17日

    […] 1. ピルエットで一番大事なのは… 2. ピルエット11回転の秘密 3. ピルエット倍速二回転 4. ピルエット二回転はルルヴェの●●で決まる 5. ピルエット二回転は足の●●骨の長さで決まる 6. バレエのジャンプと第●中足骨の太さ […]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。