発表!今月のゲスト講師/ロシアからのたより

バスターズ講師の一人、バレエ教師石島みどりから動画メッセージが届きました。

撮影場所は、ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーです。

ワガノワ・バレエ・アカデミーで初開催中の「ワガノワ・バレエ教師再教育プログラム」の現地レポートとなります。

12月はまるまる留学中で、サンクトペテルブルグとの時差は6時間です。

したがって今月のバスターズサロンに石島はフル参加できません。

休み時間に状況が許せば顔出しできるかも、という感じです。

そこで、
今月は特別ゲストをお呼びしました。

バスターズの基本的考え方は、正当なバレエ教授法をそのまま大人の生徒さんに適用してもうまく機能しない、というもの。

大前提となるオーディションを経ていないからですね。

ちなみに、
当方は「イカ足」の研究をさせていただいておりますが、石島からの報告によると、

ワガノワ生の中には見事に「イカ足」持ちの生徒はいない

とのことです。
オーディションのチェック項目に入っているからですね。

一般人口の過半数が該当していると見込まれている「イカ足」ですが、全然いないと。

こういった前提条件の違いがあってこそ機能するのがバレエ教授法。

だから、
オーディションを受けていない大人の生徒さんが上達するには

1. バレエ教授法を一般的な体向きにアレンジするか?
2. 一般的な生徒さんの体をバレエ向きに改造するか?

このどちらか一つ、または両方が必要となります。

今月は、石島が担当するバレエ教授法の話(1)がなくなるので、2を手厚くしようと考えました。

2. 一般的な生徒さんの体をバレエ向きに改造するか?

ということで、特別ゲストをお呼びしました。

発表!!!

この方です。

↓↓↓

義足のプロダンサー、大前光市さんです。

普通に考えたら、バレエ向きではなさそうな身体条件なのに、

ここ数年日本で最も忙しく活躍しているバレエダンサーの一人と言えるのではないでしょうか?

単に気合とか根性とかだけではなくて、
冷静に体と向き合う知識と目をお持ちです。

そのことは、
バスターズ会員サイト内で無料公開している個別アドバイス動画をご覧いただければお分かり頂けるかと存じます。

今回も、その知識と目で、参加者の皆さんにアドバイスをして頂けることになりました。

大人バレエのお悩みは、
バスターズサロンの開催中にライブでご質問なさってください。

今月のバスターズサロンは

12月21日(金)夜に開催します。

21:30- 無料版
22:15- 有料版

となります。

参加リンクは、開催時間になると会員サイト内に表示されます。

まだ会員登録なさっていない方は下記ボタンを押してご登録ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
バレエコンシェルジュ 長岐

告知
■札幌でバレエトレーニングを受けるなら
札幌の悩めるバレエ•フィギュアスケート•ダンサーの為の情報箱

■大人でも諦めるのは早い
大人バレエアカデミー

■今月はライブ配信の代わりに動画レポートが届きます
ワガノワe予備校

■ルルベでお困りの方へ
イカ足サポーター

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。