初日成功!『ワガノワe予備校』


昨日、『ワガノワe予備校』が開講いたしました。

無事に最初の講義「1月目理論1」を終えることができました。

ライブ参加された方は、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

受講されていかがでしたでしょうか?

率直な声を聞かせていただければと存じます。

普通のレッスンとかけ離れた

ザ・座学!

という感じだったのではないかと思います。

踊りは体を動かしてなんぼ。

汗をかいてなんぼ。

みたいなアプローチとは全然違ったわけです。

どっちがいいかという話ではなくて、そういう違いがメソッドにはあるということですね。

特に、
言語を重視するメソッドだけにその傾向が強まります。

だから、
・座学なんかで…
・eラーニングなんかで…

と、
ダメ出しする人がいたら

・ここが便利!
・新しい発見があった!

と、
役立つ部分をお伝え頂けると嬉しいです。

実は、
ワガノワe予備校』は

大人バレエのお悩みバスターズ

とつながっています。

ワガノワ本校の様に、厳しいオーディションを課すわけではない日本では、

正しいバレエ教授法だけでは足りません。

その不足を補う役目をバスターズが果たしているからです。

ところが、
日本には、そもそもバレエ教授法を学んだ教師は多く見積もって15%程しかいません。

だから、
生徒さんたちは、
そもそもバレエ教授法のないバレエを学ぶのが普通な環境にいます。

つまり、
二つのマイナス要素を抱えながらバレエのレッスンを受けていることになります。

その2つとは…

続きはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。