ピルエット二回転をしたければエアコンを消そう

真夏にエアコンが効いた部屋にいると、外に出たくなくなりますよね。

その快適空間を

コンフォートゾーン

と呼んだりします。

真冬の寒い日もきっと外に出たくない。

そう、コンフォートゾーンから出たくないのが普通です。

でも、
もし真夏に一日中エアコンの効いた部屋で過ごしていたらどうなるでしょう?

  • 汗をかくことも
  • 日焼けすることも
  • 冷たい水の美味しさも
  • 夕立とその後の虹も
  • 蚊に刺された痒さも
  • セミの声も

体験することはできません。

真冬も同様。

  • 寒さで息が白くなることも
  • 耳や鼻が冷たく赤くなることも
  • 凍えた手で水道水を触ると温かく感じることも、などなど。

ここから分かることは、
コンフォートゾーンの外に様々な体験や発見があるということ。

コンフォートゾーンの中は、
快適だけど、
新しい体験も発見もないのです。

これを「ピルエット二回転」に当てはめると、どうなるでしょう?

いつものやり方を繰り返していては、新しい体験も発見もありませんね。

つまり、

いつものやり方 = コンフォートゾーン

となります。

このメルマガを読んでいるあなたは、
きっと「ピルエット二回転」が出来るようになりたいはず。

と言うことは、
いつものやり方では、「ピルエット二回転」が出来ていないはず。

ならば答えは簡単。

新しいやり方、今までと違うやり方を取り入れることで、出来るようになります。

言い換えると、

「今までと違うことをしない限り、
 出来るようにはならない。」

さらに、言い換えると

「コンフォートゾーンの外に出ない限り、
 出来るようにはならない。」

と言うこと。

では、
どうしたらコンフォートゾーンの外に出ることが出来るでしょうか?

それこそが、
テクニックを学ばなくても「ピルエット二回転」が出来るようになる秘訣です。

つづく。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

バレエ上達ナビゲーター 長岐

 


『ピルエット二回転への道』メール講座のご登録はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。